【立つ鳥跡を濁さず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

立つ鳥跡を濁さず

【読み方】

たつとりあとをにごさず

【意味】

立ち去る者は、後始末をして見苦しくないように去るべきだと言う事。
また、物事の引き際は美しく、潔い事。

【語源・由来】

水鳥が水面から飛び立った後の水辺は、濁る事なく清く澄んだままである事から。
「立つ」とは、水鳥が「飛び立つ」「飛び上がって去る」という意味である。

【類義語】
・飛ぶ鳥跡を濁さず
・鷺は立ちての跡を濁さず
・鳥は立てども跡を濁さず

【対義語】
・後足で砂をかける
・後は野となれ山となれ
・先は野となれ山となれ
・末は野となれ山となれ
・旅の恥はかき捨て
・旅の恥は弁慶状

【英語訳】
・It is foolish bird that defiles its own nest.
・It is simply common courtesy to clean up after yourself.
・a bird does not foul the nest it is about to leave
・on leaving a place one should see that all is in good order

立つ鳥跡を汚さず」と表す場合もあります。
また「飛ぶ鳥を落とす勢い」と混同し、「飛ぶ鳥跡を濁さず」と記すのは誤用とされる場合と、この際の「飛ぶ」が「飛び立つ」という意味であれば誤用ではないとする場合があります。
【スポンサーリンク】

「立つ鳥跡を濁さず」の使い方

ともこ
明日はいよいよ卒業式だね。
健太
あぁ、最後の大掃除面倒くさいなぁ・・・。
ともこ
そんなこと言わないで。立つ鳥跡を濁さずというでしょ。
健太
そうだね。はぁ、面倒くさいなぁ。

「立つ鳥跡を濁さず」の例文

  1. 退職をするにあたって、立つ鳥跡を濁さずというように、デスクを綺麗にしてから去ろうと思う。
  2. 気づけば、◯◯さんはこの事から手を引いていた。まさに立つ鳥跡を濁さずだ。
  3. 立つ鳥跡を濁さずと、使った部屋は綺麗にして退室した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事