【知らぬが仏】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
知らぬが仏

【読み方】
しらぬがほとけ

【意味】
知れば腹も立ち、悩んだりもするけれど、知らなければ仏のように心を動かされずに穏やかでいられるということのたとえ。
本人だけが何も知らずにいることを、嘲っていうたとえ。
事情を知らないからと、責任逃れをする意味にも使う。

【語源・由来】
「江戸いろはかるた」のひとつ。

【類義語】
・聞けば気の毒見れば目の毒
・人生、字を識るは憂患の始め(じんせいじをしるはゆうかんのはじめ)

【英語訳】
Lgnorance is bliss.

「聞かぬが仏」「知らぬが仏知るが煩悩」「知らぬが仏見ぬが極楽」「見ぬが仏聞かぬが花」などともいう。
「江戸いろはかるた」とは、いろは47文字に、「京」の文字を加えた48文字で作られたかるたのこと。
地方により、いろいろな違いがある。

「知らぬが仏」の使い方

健太
せっかくいい点数だと思ったのになぁ。
ともこ
健太くん、どうしたの?
健太
テストでいい点数を取れたから、きっと一番だと思ったのに。
みんなはもっといい点数を取っていたんだ。
ともこ
知らぬが仏だったわね。

「知らぬが仏」の例文

  1. 知らぬが仏というのだから、このことは知らせずにおいたほうがいい。
  2. 女房は知らぬが仏でのんびり構えているが、亭主は借金で首が回らないらしい。
  3. 誰にも見られなかったことだからと、知らぬが仏を決め込むことにした。
  4. 離れて暮らす息子のことは心配だけれど、知らぬが仏というように本人に任せておくことにしている。
  5. 隣の家のご主人は、出張で離れて暮らしていて知らぬが仏で一生懸命働いているらしいけれど、奥さんは高級な服ばかり買っているらしい。
「知らねば仏」は、誤り。

まとめ

事実を知らないことで、心を痛めたり悩んだりする必要がない場合もあるのですね。
本当のことを知ることは大切ですが、たとえ周りの人たちは知っていることでも、時期が来るまであえて本人には知らせないことで平和が保つことができる場合もあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事