【宝の持ち腐れ】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】

宝の持ち腐れ

【読み方】

たからのもちぐされ

【意味】

役に立つものや、価値のあるもの、優れた才能を持っているにも関わらず、それらを活用しないままでいる事。発揮しないままでいる事。無駄にしているという事。

【語源・由来】

宝(価値のあるもの)を持っているのに、使い方が分からなかったり、出し惜しみをした所為で、せっかくのものを何の役にも立たないまま腐らせてしまった事から。

【英語訳】
・Not possession but use is the only riches.
・Better spent than spared.
・pearls thrown before swine
・unused possession; useless possession
・waste of talent

読みは、「たからのもちぐされ」と濁るので注意です。
また、「豚に真珠」や「猫に小判」など、「その値打ちが分からないものに、価値のあるものを与えても無駄である。」という意味ではないので注意が必要です。
【スポンサーリンク】

「宝の持ち腐れ」の使い方

ともこ
あら!とても立派なパソコンじゃない!確か凄く便利だと聞いたけれど・・・。
健太
そうなんだよ。でも、僕はパソコンが苦手だから、もうしばらく使ってないんだ。
ともこ
それは宝の持ち腐れだわ。もったいないわよ。
健太
じゃあ、少しずつ使って慣れていこうかなぁ・・・。

「宝の持ち腐れ」の例文

  1. せっかくこんなに良い服を持っているのに好きじゃないから着ないなんて、宝の持ち腐れだ。
  2. 私がこの電化製品をもらっても、宝の持ち腐れにしてしまうだろう。
  3. 料理教室で美味しい料理を学んでも、振る舞う人が居なければ宝の持ち腐れである。
  4. どんなに素晴らしい書物を発掘しても、解読できなければ宝の持ち腐れだ。
  5. なかなかもったいなくて開封できず、この高級な缶詰も宝の持ち腐れとなってしまっている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事