【恥と頭はかき次第】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
恥と頭はかき次第

【読み方】
はじとあたまはかきしだい

【意味】
恥をかくことに無感覚で、頭を掻きたいだけ掻くように、平気で恥をかく行為を重ねるたとえ。

【語源・由来】
「恥をかく」と「頭を掻く」を掛けたしゃれ。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】

「恥と頭はかき次第」の使い方

ともこ
健太くん。恥と頭はかき次第っていうけれども、毎回、こんなにバツばかりのテストの答案で、本当に少しも恥ずかいと思わないの?
健太
うん。今まで、恥ずかしいと思ったことは一回も無いよ。
ともこ
そうなの?でも健太くんが大好きな女の子に、この答案を平気な顔で見せることができるのかしら?
健太
あわわ。それは恥ずかしくてできないよ。・・・これからはもっと勉強を頑張るよ。

「恥と頭はかき次第」の例文

  1. 彼はあんなラフな服装でパーティーに来た上に、あんな発言を平気な顔でするなんて、恥と頭はかき次第だな
  2. いつも成績が悪くて、親が先生に呼び出されているのに、さらに学校のガラスを割って親が呼び出されることになるなんて、恥と頭はかき次第だし、親不孝者だな。
  3. 彼の両親は、彼が路上で歌っていることを恥ずかしいと思っているし、その上、芸能界にデビューするなんて恥ずかしい行為の上塗りで、恥と頭はかき次第だと思っている。
  4. 父は、僕があまりに出来の悪い子供だから、昔から僕のことを恥だと思っているのに、僕が、キャリアではなくノンキャリアとして採用されたことを知って、恥と頭はかき次第だと思っているようだ。
  5. せっかくとても才能があるのに、彼は、あんな作品をこんな歴史のあるコンクールに出した上に、審査員を侮辱するような言葉を発表しているようだが、恥と頭はかき次第で、いつになったら大人になってくれるのだろうか。
  6. 彼女は、恥ずかしい行為を繰り返しても、いつも平気な顔でへらへら笑っているから、恥と頭はかき次第だと思っていたが、実はとても繊細な人で強がって笑っているだけだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事