【虎口を脱する】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
虎口を脱する

【読み方】
ここうをだっする

【意味】
虎に食われそうな場面から逃れるということで、非常に危ない場所や状態から逃れることのたとえ。

【語源・由来】
中国の「荘子(そうじ)」にあることば。

【類義語】
・虎口を逃れる

【スポンサーリンク】

「虎口を脱する」の使い方

健太
はあ、はあ。なんとか、・・・虎口を脱することができたようだ。はあー。
ともこ
健太くん。どうしたのよ?何かあったの?
健太
どこかの家から逃げだした犬に追いかけられたんだ。噛み付かれるかと思ったよ。
ともこ
ええっ。大丈夫だったの?健太くんが食いしん坊で、ポケットにお菓子が入っていてよかったわね。

「虎口を脱する」の例文

  1. 彼の笑いは、やや、病的なものが感じられる笑いだったが、 危うく虎口を脱したのだから、それも当然だったかもしれない。
  2. 登山中の雷雨は怖い。でも、空も少し明るくなってきたから、もう虎口を脱したと見ていいだろう。
  3. いつも冷静なともこちゃんのいつにないはしゃぎようは、虎口を脱した安堵感がそうさせているのであろう。
  4. この国に来て、何度か命の危険を感じることがあったが、側で守ってくれる彼らのおかげで、虎口を脱することができている。
  5. 夢中で逃げ去ってきたが、もう誰も追ってこない、虎口を脱することができたのだろうか。
  6. 健太くんが私の体を突き飛ばしてくれたおかげで、私の体から暴漢の持つ凶器はそれ、反撃することができ、虎口を脱した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事