平成30年度創作ことわざ大賞受賞作品一覧

平成30年度創作ことわざ大賞受賞作品一覧です。

テーマは、「思わぬ幸運に出くわした時、そのうれしさを誰かに伝えるためのことわざ」です。

受賞された皆様、おめでとうございました。

【スポンサーリンク】

最優秀賞

いきなりたからばこ

荒畑依真さん作
意味:何も考えていないのに、欲しいものが手に入ること。

優秀賞

見上げれば流れ星

南野やよいさん作
意味:ふと夜空を見上げたとき、流れ星を発見するような偶然幸運に巡り合うこと。


幸運の仕掛人が舞い降りる

西口 陽さん作
意味:心がきれいな人には、幸運が舞い込んでくるというものだということ。


雲の切れ間の天野川

九鬼悠花さん作
意味:もうだめだと思った瞬間に、チャンスが訪れたようなときのうれしさを表すことわざ。

【スポンサーリンク】

佳作

笑顔満点、にやけ顔

浜崎文栄さん作
意味:心情を自然に表現した言葉。


今日の気分は星三つ

山口貴弘さん作
意味:レストランの最高ランクと同じように、気分も最高だということ。


植木鉢から四葉のクローバー

権藤日香さん作
意味:思わぬ幸運に出くわしたときのたとえ。


古書の聖徳太子

中根和奏さん作
意味:自分でも考えもしなかった幸運に巡り合うこと。


ピッチャーゴロがランニングホームラン

片岡秀樹さん作
意味:たいしたことのない凡庸な行為が、思わぬ偶然により良い結果をもたらすということ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事