【雲の切れ間の天野川】の意味と使い方(平成30年度創作ことわざ大賞受賞・優秀賞)

【こと検・創作ことわざ】
雲の切れ間の天野川

【作者】
九鬼悠花さん作

平成30年度創作ことわざ優秀賞

テーマ
「思わぬ幸運に出くわした時、そのうれしさを誰かに伝えるためのことわざ」

➡︎平成30年度創作ことわざ大賞受賞作品のお知らせ

【意味】
もうだめだと思った瞬間に、チャンスが訪れたようなときのうれしさを表すことわざ。

「雲の切れ間の天野川」の使い方

健太
あ〜、僕が応援している阪神が巨人に1点差で負けてるよ。もう9回裏で2アウトランナーなし。もうだめだ〜。
ともこ
あっ、健太くん。阪神のバッターがホームラン打ったわよ!!
健太
やったー!!同点だ。もうだめだと思った瞬間に勝てるチャンスが巡ってきたぞ〜。
ともこ
雲の切れ間の天野川ね。良かったね、健太くん。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事