【見上げれば流れ星】の意味と使い方(平成30年度創作ことわざ大賞受賞・優秀賞)

【こと検・創作ことわざ】
見上げれば流れ星

【作者】
南野やよいさん作

平成30年度創作ことわざ優秀賞

テーマ
「思わぬ幸運に出くわした時、そのうれしさを誰かに伝えるためのことわざ」

➡︎平成30年度創作ことわざ大賞受賞作品のお知らせ

【意味】
ふと夜空を見上げたとき、流れ星を発見するような偶然幸運に巡り合うこと。

【スポンサーリンク】

「見上げれば流れ星」の使い方

ともこ
わー、みてみて健太くん。星がすごく綺麗だよ〜。
健太
本当だ。ともこちゃん、すごく綺麗だね。
ともこ
あっ、見て!流れ星よ。お願い事しましょう。健太くんのテストの点数があがりますように。
健太
こんな偶然幸運に巡り合えるなんて、見上げれば流れ星だね。これでテストの点数があがったらいいなぁ〜。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事