【幸運の仕掛人が舞い降りる】の意味と使い方(平成30年度創作ことわざ大賞受賞・優秀賞)

【こと検・創作ことわざ】
幸運の仕掛人が舞い降りる

【作者】
西口 陽さん作

平成30年度創作ことわざ優秀賞

テーマ
「思わぬ幸運に出くわした時、そのうれしさを誰かに伝えるためのことわざ」

➡︎平成30年度創作ことわざ大賞受賞作品のお知らせ

【意味】
心がきれいな人には、幸運が舞い込んでくるというものだということ。

「幸運の仕掛人が舞い降りる」の使い方

健太
あ〜、またテストで0点とっちゃったよ。
ともこ
私は、100点よ。
健太
幸運の仕掛人が舞い降りるだね。ともこちゃんは心がきれいだから、幸運が舞い込んでいるんだよ。どうせ僕は心が汚いから0点なんだよ。
ともこ
もう、健太くんたらまた言い訳して。私はちゃんと勉強してるからよ!健太くんがテストで0点なのは勉強してないからよ。心のせいにするんじゃないの。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事