「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【年劫の兎】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

「年劫の兎」の意味(語源由来・類義語)

意味

【ことわざ】
年劫の兎

【読み方】
ねんごうのうさぎ

【意味】
一筋縄ではいかないもの。常套手段ではどうにもできないもの。

ことわざ博士
「年劫の兎」という言葉は、普通の方法では対処できない難しい問題や相手を指すんだよ。
助手ねこ
ほなら、年劫の兎ってのは、普通じゃ対処できひん難しい問題や相手のことやな。一般的な方法じゃうまくいかへんってことやね。

特別な手法やアイデアが必要な、複雑な問題や相手を指す言葉やな。

【語源由来】
長年生き延びて悪賢くなった兎の意。

【類義語】
・古狸
・古狐

【スポンサーリンク】

「年劫の兎」の解説

カンタン!解説
解説

「年劫の兎」という表現は、一筋縄ではいかない、すなわち普通の方法や手段では対処できない、扱いが難しいものや状況を指しているんだ。このことわざは、通常の方法ではうまくいかない困難な問題や、扱いが難しい人物を例えるのに使われるんだよ。

「年劫」とは、時間が長くかかる、困難な様子を表す言葉で、「兎」はウサギを指しているんだ。つまり、この表現は、普通では捉えにくいウサギのように、解決や対処が難しい事柄を意味しているんだね。

たとえば、複雑なビジネス上の問題、独自の才能や個性を持つ人物、または解決が難しい社会的な問題などが「年劫の兎」に例えられるんだよ。このことわざは、特殊なアプローチや独自の戦略が必要な状況や対象について話すときに使われるんだ。

「年劫の兎」は、一般的な方法では解決できない困難な課題に対する洞察力や創造的なアプローチの必要性を教えてくれているんだね。それは、難しい問題に直面したとき、柔軟な思考と革新的なソリューションが必要であることを示しているんだよ。

「年劫の兎」の使い方

健太
今度の対戦相手は彼かー。
ともこ
彼が苦手なの?
健太
彼は年劫の兎なんだよね。
ともこ
一筋縄でいかない相手は厄介よね。
【スポンサーリンク】

「年劫の兎」の例文

例文
  1. 頑固な父さんは年劫の兎で、説得は難しいだろう。
  2. 年劫の兎なともこちゃんには、変化球が効果的かもしれない。
  3. 彼は年劫の兎だから、しっかり対策を講じよう。
  4. 色んな人の思惑が絡み合い、この計画は年劫の兎となるだろう。簡単にはいかないだろうな。
  5. これは年劫の兎というやつだ。常套手段ではどうにもならん。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪