「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【念者の不念】の意味と使い方や例文(類義語)

「念者の不念」の意味(類義語)

意味

【ことわざ】
念者の不念

【読み方】
ねんじゃのふねん

【意味】
念入りに物事を行う人でも、不注意になることがある。

ことわざ博士
「念者の不念」という言葉は、普段から注意深く物事に取り組む人でも、時にはうっかりと不注意なミスを犯すことがあるという意味なんだよ。
助手ねこ
ほなら、いつも念入りに物事をする人でも、たまには気を抜いてミスをすることがあるってことやな。

慎重な人でも完璧じゃないってことを教えてくれてる言葉やな。どんな人でもミスはするってことやね。

【類義語】
・弘法にも筆の誤り

【スポンサーリンク】

「念者の不念」の解説

カンタン!解説
解説

「念者の不念」という表現は、普段から慎重で注意深く物事をする人でも、時にはうっかりミスをする、つまり不注意な行動を取ることがあるという意味を持っているんだ。このことわざは、どんなに用心深い人でも完璧ではないという人間の普遍的な性質を示しているんだよ。

この表現での「念者」とは、通常は物事に対して慎重に考え、細心の注意を払う人を指しているんだ。しかし、そのような人であっても、「不念」、つまり不注意やうっかりとしたミスを犯す可能性があるということを表しているんだね。

たとえば、いつも計画的で慎重な人が、重要な会議の日にうっかり資料を忘れたり、いつも時間に正確な人がたまに遅刻するような状況が「念者の不念」に当てはまるんだよ。

このことわざは、完璧を求めることの難しさと、ヒューマンエラーの避けられない性質を教えてくれているんだね。それは、誰もが間違いを犯す可能性があり、時にはそれを受け入れる柔軟性が必要であるということを示しているんだよ。

「念者の不念」の使い方

ともこ
うぎゃー。失敗した―。
健太
細心の注意を払って物事を行うともこちゃんでも失敗するんだね。念者の不念だ。
ともこ
今回もちゃんと注意したのにな。
健太
人間だもの、そんなときもあるさ。
【スポンサーリンク】

「念者の不念」の例文

例文
  1. 「私失敗しないので」が口癖の先生が、念者の不念のように失敗した。
  2. いつもパーフェクトな彼がミスをするとは、念者の不念というが、完璧な人間なんていないんだな。
  3. 念者の不念というから、師匠でも失敗することがあるんだろう。
  4. 注意深い君でも、電車の乗り換えを間違えたりするんだね。念者の不念というけど、君も同じ人間なんだなって安心したよ。あまりに失敗しないからロボットなんじゃないかと思った。
  5. 校正や編集で何重にもチェックしているが、念者の不念のごとくミスが発生することがある。

ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪