【梅雨に降らぬと土用に降る】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
梅雨に降らぬと土用に降る

【読み方】
つゆにふらぬとどようにふる

【意味】
空梅雨になると、土用のころにたくさん降る。

【語源・由来】
土用は小暑から立夏までのこと。梅雨に雨が降らないと、土用のころ多雨になることが多いことから。

【スポンサーリンク】

「梅雨に降らぬと土用に降る」の使い方

健太
梅雨入りしたのに全然雨が降らないね。
ともこ
梅雨に降らぬと土用に降るというわね。
健太
いつか降るならいいけど、このまま夏になって水不足になったら大変だよね。
ともこ
空梅雨の分、降るといいわね。

「梅雨に降らぬと土用に降る」の例文

  1. 梅雨に降らぬと土用に降るというから、立夏まで雨が降りそうだ。
  2. 梅雨に降らぬと土用に降るという、梅干しを干すタイミングがつかめない。
  3. 梅雨に降らぬと土用に降るというから空梅雨でも心配ない。
  4. 梅雨に降らぬと土用に降るというが、お盆になっても雨が降らない。
  5. 梅雨に降らぬと土用に降るといわれるが、ゲリラ豪雨にならなければいいな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪