【月に叢雲花に風】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
月に叢雲花に風

【読み方】
つきにむらくもはなにかぜ

【意味】
よいことには邪魔がはいりやすく、長続きしないものだというたとえ。

【語源・由来】
名月の夜には雲がかかってせっかくの月が見えず、桜の花を楽しもうとすれば風が吹き、せっかくの風情(ふぜい)をだいなしにしてしまうことから。

「風情」とは、「おもむき」でしみじみとしたあじわい、おもしろみのことを意味しています。

【類義語】
・好事魔多し(こうじ まおおし)
・花に嵐(はなにあらし)

【対義語】

【英語訳】
類義語の「好事魔多し」にあたる英語訳はあります。 Good luck comes by cuffing (幸運は来たりて平手打ちをくれる)

「月に叢雲花に風」の使い方

健太
ともちゃん何してるの?
ともこ
綺麗なウグイスの鳴き声よ。
健太
ウグイスなんかいいから、手伝ってよ。
ともこ
月に叢雲花に風、健太君には理解できないか。

「月に叢雲花に風」の例文

  1. 中秋(ちゅうしゅう)の名月、いい月だな、月に叢雲花に風、雲に隠れるのも一興(いっきょう)だね。
  2. 憧(あこがれ)れの彼女と一緒(いっしょ)に仕事をする機会があったのですが、月に叢雲花に風、いつもまにか他の仲間が加わって、二人だけの時間があっという間に終わりました。
  3. 今月は今までになく営業成績が伸びたが、月に叢雲花に風か、それでも一時は良い気分で仕事できたからよしとするか。
  4. 我が家の庭のナナカマドの実が赤くなって、雪景色に映えるのを楽しみたいのに、あっという間に鳥たちのエサです。月に叢雲花に風、鳥たちには花より団子(だんご)かな。

まとめ

見たいテレビ番組が始まると電話がなる。せっかく楽しみにしていた日に仕事が入る。大事な約束をしていたのに断ることができない用事が入る。考えてみれば、月に叢雲花に風ばかりのような気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事