【梅雨の雷は晴れ近し】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
梅雨の雷は晴れ近し

【読み方】
つゆのかみなりははれちかし

【意味】
雷がなると梅雨明けが近いということ。

【語源・由来】
梅雨の低気圧に南から高気圧が近付くと雷が起きやすいことから。

【スポンサーリンク】

「梅雨の雷は晴れ近し」の使い方

健太
今日は雷がすごいね。
ともこ
梅雨の雷は晴れ近しというから、梅雨明けが近いわね。
健太
もうすぐ夏が来るんだね。
ともこ
楽しみねー。

「梅雨の雷は晴れ近し」の例文

  1. 梅雨の雷は晴れ近しというから、この雷は夏の前兆だ。
  2. 梅雨の雷は晴れ近しという、夏はもう目の前だ。
  3. 梅雨の雷は晴れ近しというが、もうすぐ暑くなる。
  4. 梅雨の雷は晴れ近しというけれども、夏が来るより涼しい梅雨がいいなあ。
  5. 梅雨の雷は晴れ近しという、急いで夏物の準備をしよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪