【ツバメが低く飛ぶと雨】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
ツバメが低く飛ぶと雨

【読み方】
つばめがひくくとぶとあめ

【意味】
ツバメが低く飛ぶと雨が降るということ。

【語源・由来】
空気中の水分が多くなると、蚊の羽が水分をおびて下の方を飛ぶようになるので、蚊をえさにするツバメも低く飛ぶことから。

「ツバメが低く飛ぶと雨」の使い方

健太
ツバメが低空飛行をしているね。
ともこ
ツバメが低く飛ぶと雨と言うから雨になりそうね。
健太
ツバメレーダーは、雨雲レーダーより信用できそうだね。
ともこ
折り畳み傘を持ってきてよかった。

「ツバメが低く飛ぶと雨」の例文

  1. ツバメが低く飛ぶと雨というが、その後天気は崩れた。
  2. ツバメが低く飛ぶと雨というが、確かに雨が降りそうな雰囲気だ。
  3. ツバメが低く飛ぶと雨というけれども、傘を忘れてきてしまった。
  4. ツバメが低く飛ぶと雨といわれるから、今日は窓を開放することはできないな。
  5. ツバメが低く飛ぶと雨という、サッカー大会は中止だろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪