【長者の万灯より貧者の一灯】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
長者の万灯より貧者の一灯

【読み方】
ちょうじゃのまんとうよりひんじゃのいっとう

【意味】
・金持ちが見栄をはったり、儀礼的に多くの寄進をするよりも、貧しい人が真心を込めてする寄進のほうが尊いということ。
・物の多少よりもまごころが大切であるということ。

【語源・由来】
出典は「阿闍世王受決経(あじゃせおうじゅけつきょう)」、「賢愚経(けんぐきょう)」です。阿闍世王は、招待したお釈迦(しゃか)様がお帰りになる時に、宮殿(きゅうでん)から祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)への道沿いにたくさんの灯火をともしました。それを見た貧しい老婆(ろうば)がなんとかお金を工面しやっと一本の灯火をともします。阿闍世王の灯火が消えた後も、老婆がともした一本の灯火はずっと消えなかったというお話です。

【類義語】
貧女の一灯(ひんじょのいっとう)

【対義語】

【英語訳】
the widow’s mite.(貧者の一灯)

「長者の万灯より貧者の一灯」の使い方

ともこ
今日はリサイクル品を提出する日ね。
健太
家にあまりなかったから、少なくて恥ずかしいな。
ともこ
そんなことないわよ。長者の万灯より貧者の一灯といって、量よりも気持ちが大事なの。
健太
気持ちだけなら自信あるけど。

「長者の万灯より貧者の一灯」の例文

  1. 長者の万灯より貧者の一灯といいます。御利益(ごりやく)は同じですので、お気持ちだけで結構です。
  2. お祝いのお花が沢山届いていますが、この小さな花は大変お世話なった方からです。失礼かもしれませんが、長者の万灯より貧者の一灯がうれしいですね。
  3. 被害が大きかったからといって、ただ多く支援物資を送っても迷惑になります。長者の万灯より貧者の一灯というように相手の気持ちになって何を送るか考えるべきでしょう。
  4. これこそ長者の万灯より貧者の一灯です。真心のこもった贈り物です。

まとめ

長者の万灯より貧者の一灯、お金持ちでも単なる見栄や儀礼だけではなくて、真心のこもった寄進をされる方も多いと思います。ただ、長者よりも貧者が準備する方が大変だからより尊いという考え方なのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事