【提灯に釣鐘】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
提灯に釣鐘

【読み方】
ちょうちんにつりがね

【意味】
・形は似ているけれども、軽重の差がはげしく、くらべものにならないことのたとえ。
・釣り合いが取れていない、比較にならないことのたとえ。

縁談などで身分が不釣り合いな場合に使われます。

【語源・由来】
提灯と釣鐘は形が似ていますが、大きさや重さが全く違うことから。歌舞伎(かぶき)などの演目「仮名手本忠臣蔵(かなでぼんちゅうしんぐら)」の九段目「山科隠家の段(やましなかくれがのだん)に身分がつり合わない縁談として「ちょうちんにつりがね」という台詞(せりふ)があります。

【類義語】
・月と鼈(つきとすっぽん)
・瓢箪に釣鐘(ひょうたんにつりがね)
・天と地(てんとち)

【英語訳】
Can a mouse fall in love with a cat?(ネズミが猫と恋に落ちることができる?)

【スポンサーリンク】

「提灯に釣鐘」の使い方

健太
学芸会の舞台の飾りはこれでどう?
ともこ
今回は衣装がきれいだから。提灯に釣鐘かも。
健太
おかしい?どうすればいいと思う?
ともこ
いっそシンプルな飾りにして、衣装が引き立つようにした方がいいと思うわ。

「提灯に釣鐘」の例文

  1. ツーリングに誘われたけど、このバイクの性能では提灯に釣鐘、遠慮した方がいいかな。
  2. 我が社の製品と御社の製品とでは提灯に釣鐘です。まだ御社といっしょに事業をするレベルではございません。
  3. 良いお話をいただき大変光栄に感じております。恥ずかしながら提灯に釣鐘とでもいいましょうか、今回はご辞退させていただきたいと思います。
  4. その服でそのアクセサリーだと提灯に釣鐘みたいでなんとなくバランスが悪いように見えます。どちらかを変えた方が良いでしょう。

まとめ

英語訳や補足で説明したように、本来は縁談などの場で、身分の違いなどを表現するために使われていたようですが、現在は【意味】のように一般的な使われ方が主体です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事