【うろこ雲は雨】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
うろこ雲は雨

【読み方】
うろこぐもはあめ

【意味】
うろこ雲が現れると雨になりやすい。

【語源・由来】
うろこ雲は、前線や低気圧などが近づいたときにあらわれやすい。なのでうろこ雲が現れると雨になりやすい。

【類義語】
・蚊がうすづけば雨が降る

【スポンサーリンク】

「うろこ雲は雨」の使い方

健太
うろこ雲がでると、秋って感じだね。
ともこ
うろこ雲は雨っていって、うろこ雲がでるとその後雨になるのよ。
健太
そうなんだね。うろこ雲を見ていたら釣りに行きたくなったのに行けないなあ。
ともこ
止まない雨はないわ。雨が上がったら行けばいいわよ。

「うろこ雲は雨」の例文

  1. うろこ雲は雨というから、2、3日中に雨が降るだろう。
  2. うろこ雲は雨と言われるから週末は天気が崩れるね。
  3. うろこ雲は雨というので、雨が降る前に掃除を終わらせよう。
  4. うろこ雲は雨という、洗車をするのはやめておく。
  5. うろこ雲は雨と昔からいわれるので、雨が期待できる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪