【魚と水】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
魚と水

【読み方】
うおとみず

【意味】
とても親密な関係のことのたとえ。
また、夫婦の仲がむつまじいこと。

【語源・由来】
水と魚が切り離せないように、きわめて親密な関係ということ。

「三国志・蜀志・諸葛亮伝」より。
蜀(しょく)の劉備(りゅうび)が、自分と諸葛孔明(しょかつこうめい)との間柄について、
「孤(こ)の孔明有るは、猶(な)お魚(うお)の水有るがごとし」
と言ったという故事に基づく。

【類義語】
・水魚の交わり(すいぎょのまじわり)
・管鮑の交わり(かんぽうのまじわり)
・金蘭の契り(きんらんのちぎり)
・断金の契り(だんきんのちぎり)
・断琴の交わり(だんきんのまじわり)
・金石の交わり(きんせきのまじわり)
・刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)

【英語訳】
It is a close relation.
The intimate intersection which cannot be left.


「魚と水」の使い方

健太
ぼくと、ともこちゃんは小さなころからずっと仲が良いよね。
ともこ
そうね。幼馴染ですものね。
健太
ぼくが一番仲が良いのは、ともこちゃんだよ。
ともこ
魚と水の関係ね。

「魚と水」の例文

  1. 彼と僕は魚と水の関係で、小学生の頃からもう30年の付き合いになる。
  2. お隣のご夫婦は、どこへ行くにもいつも一緒で手をつないで出かけているわ。魚と水ということかしら。
  3. おじいちゃんとおばあちゃんは、今年金婚式を迎えた。魚と水でうらやましいことだ。
  4. 私と彼女は高校時代から魚と水を続けている。
  5. 兄とその友人は、魚と水というような関係だ。
どんなに親密になったとしても、ひとときの交流のことに使うのは誤りなので注意が必要。
「国際交流で開いたパーティーでは、留学生たちと魚と水の関係になれた。」と使うのは誤り。

まとめ

友人同士でも、夫婦でも仲がよいことは素晴らしいことですね。
魚と水というような関係でいられることは、とても幸せなことではないでしょうか。
いつまでもそのような関係を続けていきたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事