【勇将の下に弱卒無し】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
勇将の下に弱卒無し

【読み方】
ゆうしょうのもとにじゃくそつなし

【意味】
「弱卒」とは、弱い兵士。頼りにならない部下の意味。大将が強くて勇ましければ、従う兵士もまた自然と勇敢だということ。指揮する者が優れていれば、部下も優れた働きをするたとえ。

【語源・由来】
蘇軾「題連公壁」にある「強将の下に弱兵無し」から。

【類義語】
・強将の下に弱兵無し

【対義語】

【英語訳】
there are no cowardly soldiers under a superior general
A good officer will make good men.
Such captain, such retinue.
Like master, like men.

「勇将の下に弱卒無し」の使い方

ともこ
健太くんの空手を見ていると、師匠のすごさがわかるわよね。勇将の下に弱卒無しって言葉通りに、師匠は勇将なんでしょうね。
健太
そうだね。最高の師匠だと思うよ。僕ががんばることで、師匠が褒められるのならがんばり甲斐があるよ。
ともこ
健太くんは、空手をやっているときは、神経が研ぎ澄まされていて、格好いいんだから、勉強に関しても勇将を見つけ出せればいいわね。
健太
そうだね。僕に勉強の楽しさを教えてくれる先生に会いたいよ。

「勇将の下に弱卒無し」の例文

  1. 勇将の下に弱卒無しという言葉のように、あの先生のクラスは毎年、勉強においてももちろんだが、行事に関しても優秀だ。
  2. 勇将の下に弱卒無しというように、あなたは優秀だから、部下の方もさぞ優秀なんでしょうね。
  3. 勇将の下に弱卒無しというが、あのチームに関しては違って、監督は選手として天才過ぎたので、一般的な選手の気持ちがわからないらしく、最下位争いをしている有様だ。
  4. 勇将の下に弱卒無しというように、あの教授の下で学んでいる生徒たちの論文はずば抜けてすばらしい。
  5. 勇将の下に弱卒無しという言葉の通り、あの社長は優秀だから、社員はみんないきいきとしていてやる気にあふれていて仕事が早い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事