【莫逆の友】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
莫逆の友

【読み方】
ばくぎゃくのとも

「ばくげきのとも」とも読む。

【意味】
互いに争うことのない、親しい間柄。親しい友人。

【語源・由来】
「荘子」に「四人相視て笑い、心に逆らうこと莫し。遂に相与に友と為れり」とあるのに基づく。

【類義語】
・魚と水
・管鮑の交わり
・金石の交わり
・金蘭の契り
・膠漆の交わり
・心腹の友
・水魚の親
・水魚の交わり
・断金の契り
・断金の交わり
・断琴の交わ
・刎頸の友
・刎頸の交わり

【対義語】

【英語訳】
congenial spirits
A good friend never offends.
A friend in need is a friend indeed.

「莫逆の友」の使い方

健太
ともこちゃん、僕たちは莫逆の友と言うべき、無二の親友だよね。
ともこ
健太くん、満面の笑みを浮かべながら、そんなことをいうなんてどうしたの?
健太
ともこちゃんの友人に学校一の美人と噂される子がいるでしょう?その子に僕を紹介してほしいんだけど・・・。
ともこ
彼女のためを考えると、いくら莫逆の友でも、健太くんを紹介することはできないわ。

「莫逆の友」の例文

  1. 彼とは子ども時代からの莫逆の友で、一緒にいたずらもしたし、大きくなってからは人生や仕事の悩みも打ち明け合ってきた仲だ。
  2. 莫逆の友の中にも鬼籍に入る者が多くなり、身辺とみに寂寞たるものがある。
  3. 入学当初は、第一志望の学校ではなかったので卑屈に思い、楽しくなかったが、莫逆の友ができてからは、この学校に来てよかったと心から思えるようになった。
  4. 旅先で出会った人と息が合い、たとえ初対面であっても、相手の素姓など何一つ判らなくても、一瞬にして莫逆の友になり得るのだということを、悟らざるをえなかった。
  5. 亡き父が莫逆の友である彼に息子を頼むと言い残したので、卒業後は彼の経営する会社に就職することになった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事