【江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ

【読み方】
えどっこはよいごしのぜにはもたぬ

【意味】
江戸っ子の気前のよさ、金離れのよさを自慢したことば。

【語源・由来】
江戸の職人は、その日に稼いだ金はその日のうちに使ってしまって、貯めることを潔しとせずに金離れのよさを誇っていたことから。

「江戸っ子」とは江戸(東京)で生まれ育った者で、金銭に淡泊(たんぱく)で威勢(いせい)がいいなどの意味を含みます。研究者のあいだでは、江戸っ子は、みえをはる、むこうみず、けんかっぱやい、ひとりよがりな性格だといわれています。「江戸っ子」とは三代続いて江戸生まれでなければならないと定義する研究者もいます。

【英語訳】
直訳の一例は The Edokko will not keep his earnings overnight. です。

【スポンサーリンク】

「江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ」の使い方

ともこ
新しいゲームね。
健太
お小遣いもらったのですぐ買ったの。
ともこ
えー、来月までどうするの?
健太
江戸っ子は宵越しの銭は持たないのさ。

「江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ」の例文

  1. わが社の会長は金払いがいいので有名です。「江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ」というのが、会長の口癖(くちぐせ)です。
  2. 江戸っ子は宵越しの銭は持たぬといいますが、「江戸者の生まれそこない金をため」なんて川柳もあります。やはりやせがまんしているのでしょう。
  3. この宴会に参加すると今月のお小遣いがなくなるが、江戸っ子は宵越しの銭は持たぬだ、人間関係なくして営業なし。
  4. 江戸っ子は宵越しの銭は持たぬ、明日は知れぬ身、あとは野となれ山となれ。短い人生楽しみましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事