【五十歩百歩】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
五十歩百歩

【読み方】
ごじっぽひゃっぽ

本来の読み方は「ごじっぽ」だが、今では「ごじゅっぽ」ともよむ。

【意味】
五十歩百歩とは、わずかな違いだけで、本質的には変わらないことのたとえ。

差が大きすぎるもの同士、すぐれた者同士に使うのは誤り。

【語源・由来】
中国の戦国時代に、梁の恵王が「自分は、凶作の地にいる民を豊作の地に移住させるなど、常に人民に気を配っているのに、なぜ各地から人民が集まらないのだろうかと孟子に尋ねたところ、孟子は「戦場で五十歩逃げた者が、百歩逃げた者を臆病者だと嘲笑したら、どう思うかというたとえ話をした。「逃げ出したことには変わりないのだから同じだ」と答えた恵王に、孟子は「その道理がわかっておられるなら、人民の数が他国より多くなることなど望まないことだ(人民が苦しむのを凶作のせいにしていては、他国の政治と大差はない)」と言ったという故事に基づく。同様の立場にありながら、相手を嘲笑する愚かさをいう。

【類義語】
・五十歩を以て百歩を笑う
・一寸法師の背比べ
・猿の尻笑い
・大同小異
・どんぐりの背比べ
・似たり寄ったり
・目糞鼻糞を笑う

【英語訳】
As good twenty as nineteen.
A miss is as good as a mile.
the state of having no substantial difference
The pot calls (or called) the kettle black.


「五十歩百歩」の使い方

ともこ
健太くん、今日身長をはかったでしょう?何センチだった?
健太
えーっと、161センチだったよ。
ともこ
やったー。勝ったわ。161.3センチだったのよ。
健太
そんなの五十歩百歩じゃないか。

「五十歩百歩」の例文

  1. ありがちな筋を短く曖昧にしゃべったが、 一部始終を話したところで、どうせ他人には五十歩百歩の事情である。
  2. 人を見た眼で判断してはいけないというが、才能によつて判断するというのも五十歩百歩のことである。
  3. 洋上であれば、私にとっては太平洋であろうが、パナマ沖であろが五十歩百歩なのです。
  4. 大編成のオーケストラのエネルギーを再現できぬのなら、しょせんはどのオーディオを買っても、五十歩百歩である。
  5. 各々の文化に、それぞれの癖がある点ではおたがいさま、五十歩百歩であろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事