【人を見て法を説け】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
人を見て法を説け

【読み方】
ひとをみてほうをとけ

「人」は「にん」ともいう。

【意味】
相手の性格や性質をよく見極めて、ふさわしい方法で言い聞かせる必要があるというたとえ。

【語源・由来】
仏教の言葉のひとつ。
釈迦が、相手の性格や能力の応じて、理解できるように教えを説いたことが由来。

【類義語】
・機に因りて法を説け(きによりてほうをとけ)

【英語訳】
Cleave the log according to the grain.
All meat pleases not all mouths.
Beware what and to whom you speak.


「人を見て法を説け」の使い方

健太
もう、どうしたら理解するんだよ!
ともこ
健太くん、どうしたの?
健太
さっきから、ここは危険だから迂回しろって言っているのに、ちっとも言うことを聞かないんだよ。
ともこ
人を見て法を説けというように、それじゃあこんなに小さな子には、難しい説明の仕方だわ。
危ないから、違う道を通るように言わなきゃ。

「人を見て法を説け」の例文

  1. 人になにかを教える時には、人を見て法を説けというように、相手の能力に合わせた説明をする必要がある。
  2. 任されたからといって、幼稚園の園児に現在の経済についてのお話をするなんて、人を見て法を説けというでしょう。
  3. 小学生を対象とした講義を頼まれたけれど、人を見て法を説けということに気を付けて、内容を考えなくてはならない。
  4. お隣のお父さんは有名な研究者のようだけれど、やっと歩き始めたばかりの子供に研究の説明をしているよ。人を見て法を説けというだろう。
  5. 人を見て法を説けというけれど、母は幼い頃から私が理解できるように、わかりやすく料理を教えてくれた。

まとめ

人に何かを教えたり、説明したりする際には、説明の方法を考える必要があるのではないでしょうか。
幼い子供に理解させるためには、難しい言葉を使わずにわかりやすく表現すると伝わりやすく、知識が多い相手には、より深く詳しく説明することによって、しっかりと伝わるのではないでしょうか。
人を見て法を説けということを心がけて、伝える努力をしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事