【紺屋の白袴】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
紺屋の白袴

【読み方】
こうやのしろばかま

「こうや」は「こんや」、「しろばかま」は「しらばかま」とも読む。

【意味】
紺屋の白袴とは、他人のためにばかり働いて、自分のことに手が回らないことまた、いつでもできると思い、何もしないでいることのたとえ。

【語源・由来】
人の白い袴を紺色に染める紺屋が、染める仕事に忙しく、自分は染めていない白色の袴をはいていることから転じて、他人のことにばかり忙しく、自分自身のことに手をかける暇がないということ。一説によると、紺屋は仕事中に染める液を自分の白袴には一滴もつけないという、職人の誇りを表しているともいわれている。「紺屋(こうや)」は「こんや」の転で、染め物屋のこと。

【類義語】
・医者の不養生
・医者の若死に出家の地獄
・易者身の上知らず
・学者の不身持ち
・駕籠舁き駕籠に乗らず
・鍛冶屋の竹火箸
・紙漉きの手鼻
・髪結い髪結わず・
・髪結いの乱れ髪
・紺屋の白足袋
・左官の荒壁
・算術者の不身代
・儒者の不身持ち
・大工の掘っ立て
・坊主の不信心
・椀作りの欠け椀

【英語訳】
The cobbler’s wife goes the worst shod.
The tailor’s wife is worst clad.

【スポンサーリンク】

「紺屋の白袴」の使い方

健太
ともこちゃんのおじさんは、陶芸家なのに、遊びに行くといつも100円ショップのお茶碗でお茶が出てくるよね。これはいわゆる紺屋の白袴だね。
ともこ
そうなのよ。自分の作ったものを使えばいいのに、お客さん優先だって言って、全部売ってしまうのよ。おじの作ったものは人気があるから、在庫というものが存在しないのよ。
健太
それはすごいね。
ともこ
実はすごい人なのよ。

「紺屋の白袴」の例文

  1. 警察はする必要がないと思い、あまり自分たちの署そのものをパトロールしたりはしないらしく、紺屋の白袴で署内の金庫から3千万円盗まれた。
  2. 美容院で働くともこちゃんは、紺屋の白袴とでもいうのか、いつも髪型を気にせず一つにまとめているだけだ。
  3. 紺屋の白袴というのか、腕の立つ大工さんなのに、住んでいる家はぼろぼろだ。
  4. 紺屋の白袴とでも言ったらいいのか、健太くんは医者なのにがんになった。
  5. あの人は占い師なのに屋の白袴といったらひどいかもしれない自分の人生は占えず、事故で亡くなった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事