【二階から目薬】の意味と使い方に例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
二階から目薬

【読み方】
にかいからめぐすり

【意味】
1.とても回りくどい事や、物事が上手くいかなくてもどかしい様子。
2.回りくどくて効き目がない事。

【語源・由来】
江戸時代、元禄13年(1700年)の書物「風流御前義経記」の中に書かれた「二階から目薬さす仕掛け、さりとは急な恋ぞかし」という句が由来です。
この時代の目薬は軟膏でしたが、液体でも軟膏でも、二階から目薬をさすのは無理なことなので、そこからきているのですね。

「上方いろはかるた」の中のひとつにも入っています。

【類義語】
・天井から目薬
・隔靴掻痒(かっかそうよう)
・靴を隔てて痒きを掻く
・御簾を隔てて高座を覗く
・月夜に背中焙る
・灯明(とうみょう)で尻を焙る
・遠火で手を焙る
・二階から尻焙る
・焼け石に雀の涙
・焼け石に水
・杯水車薪(はいすいしゃしん)

【対義語】
・麻姑掻痒(まこそうよう)

【英語訳】
・He spoke in a roundabout way.
・That’s a terribly inefficient way to do it.
・Far water does not put out near fire.
・Eye drops from the second floor.


「二階から目薬」の使い方

ともこ
健太君、今日は随分頑張って宿題してるのね。
健太
違うよ、これはおまじないなんだ。ノートに1000回願い事を書くと叶うらしいんだ。だから「おこずかいUP」て書いてるんだ!
ともこ
ええ~、そんなの二階から目薬じゃないの。
健太
二階から目薬って何?…あ!何回書いたか分かんなくなっちゃった!

「二階から目薬」の例文

  1. ここまで経営が悪化したら、広告なんて出したところで二階から目薬みたいなもので、売り上げなんて伸びないよ。
  2.  遅刻ばかりしている彼には、そんな優しい言い方で注意しても二階から目薬だと思う。
  3.  河原で一緒に遊んでた友達が、ポケットに入れてあった100円玉を落としたって言って一生懸命探しているけど二階から目薬だよ。
使い方が難しいことわざですが、「そんなやり方では無理だなと思う時」に使ってみると良いですね。
<間違った例文>
×「生れて初めて入ったパチンコ屋で、スロットが大当たりしたよ。二階から目薬みたいだ」
このように、「二階から目薬をさして成功するくらい確率が低い」事だとするのは間違いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事