【盗人を捕らえてみれば我が子なり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
盗人を捕らえて見れば我が子なり

【読み方】
ぬすびとをとらえてみればわがこなり
「盗人」は「ぬすっと」とも読む。

【意味】
盗人を捕らえたら意外にも自分の子だったということで、事が意外なために処置に困るたとえ。さらに、親しい者でも油断してはならないという意味もある。

【語源・由来】
室町末期の連歌師、山崎宗鑑が「切りたくもあり切りたくもなし」という下の句に上の句を三句付けてみよといわれ「ぬすびとを捕へて見ればわが子なり」「さやかなる月をかくせる花の枝」「心よき的矢の少し長いをば」という三句を作ってみせた。親は自分の子を買いかぶることが多いが、いざ盗人を捕まえてみたら我が子だったということがある。犯人が我が子だとわかったときに、警察に出頭させることも胸が痛むし、黙って見過ごすわけにもいかないし、どうすべきか悩む親心をあらわしている。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
・the doting parent’s purse is plundered
・the thief caught turns out to be one’s own son

「盗人を捕らえて見れば我が子なり」の使い方

ともこ
健太くん。私のクッキー知らないかしら?あとでみんなで食べようと思って机の上に出しておいたの。
健太
ふぇっ。ひらないなあ。ほくじゃにゃいよ。
ともこ
健太くん。口の中にたくさんのクッキーが入っているようだけど・・・。盗人を捕らえて見れば我が子なりってこういう事を言うのね。
健太
ほめんにゃさい。(ごめんなさい)

「盗人を捕らえて見れば我が子なり」の例文

  1. 盗人を捕らえて見れば我が子なりというように、捕まえてみたら犯人は信頼していた部下だったのでショックだった。
  2. 盗人を捕らえて見れば我が子なりというように、犯人は自分の息子だったので、親心として悩んだ末に、息子をかばって警察に嘘をついてしまった。
  3. 盗人を捕らえて見れば我が子なりというように、犯人は一番身近にいた秘書だったので、人間不信になりそうだった。
  4. 盗人を捕らえて見れば我が子なりというように、僕の靴をいつも盗んでいたのは、僕の犬だったので唖然とした。
  5. 盗人を捕らえて見れば我が子なりというように、犯人は全幅の信頼を置いていた友人だったので、驚いた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事