【盗人の昼寝】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
盗人の昼寝

【読み方】
ぬすびとのひるね

ぬすっとのひるね、とも読みます。

【意味】
何も考えていなさそうな、何も目的がなさそうな行為でも、その後の行動のために必要な行為である事の例えです。
良い事をする場合には使われません。

【語源・由来】
「毛吹草」の中の「ぬす人のひるねもあてがある」という言葉が由来です。
「毛吹草」とは、1645年に刊行された江戸時代の俳諧論書で、編者は松江重頼です。
盗人の昼寝には何の理由もなさそうだけど、実際は夜に盗みをするための備えなのですね。
「江戸いろはかるた」と「尾張いろはかるた」の中の「ぬ」です。

「泥棒の昼寝」は間違いです。

【類義語】
・盗人の昼寝も当てがある

【英語訳】
・Because the thief has the purpose, it takes a nap.
・A casual way is carried out and there is the purpose in practice.
・A fox sleeps but counts hens in his dream.

【スポンサーリンク】

「盗人の昼寝」の使い方

ともこ
健太君屋上に行くの?止めた方が良いわよ。
健太
どうして?
ともこ
色んな子にお金を借りてる人が、屋上で何食わぬ顔してマンガを読んでいたから、盗人の昼寝かも。うっかり屋上に行ったら、取っ捕まってお金貸してって言われるわ。
健太
そうだね!マンガなら教室で読めるもん!

「盗人の昼寝」の例文

  1. いつも同僚を出し抜くことばかり考えているあの男が、今回は目立たぬようにしているなんて、盗人の昼寝じゃないのか。
  2.  血も涙もない極悪人が平然と話しかけてきた。盗人の昼寝よろしく何かを企んでいるとしか思えないから気を付けないと。
  3.  気に入らないことがあるとすぐに暴れる奴が、やけに大人しくしているのが不気味だ。盗人の昼寝で何か企んでいるのかもしれない。
  4.  あんな所で呑気に煙草を吸ってるけど、盗人の昼寝と言うし、後で私たちを裏切るんじゃないの。
<間違った例文>
×傾いた会社を立て直した実績のある彼の事だ。盗人の昼寝と言うし、彼なりに考えがあるのだろう。
このことわざは、悪い事を企んでいる人間に使うので、良い事(案)を考えている人間には使いません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事