「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【節季の風邪は買ってもひけ】の意味と使い方や例文

「節季の風邪は買ってもひけ」の意味とは?

意味【ことわざ】
節季の風邪は買ってもひけ

【読み方】
せっきのかぜはかってもひけ

【意味】
盆や年末の多忙な時期に病気だと堂々と休むことができるから、金を出して買ってでも風邪をひいた方が良いということ。

【スポンサーリンク】

「節季の風邪は買ってもひけ」の使い方

ともこ
インフルエンザが流行っているね。
健太
節季の風邪は買ってもひけっていうからどこかでもらってこようかな。
ともこ
年末の大掃除をした方がよかったと思うくらい、インフルエンザはつらいわよ。
健太
インフルエンザのつらさを忘れていたよ。

「節季の風邪は買ってもひけ」の例文

例文
  1. 繁忙期で休めないが休みたい。節季の風邪は買ってもひけというが風邪をひきたい。
  2. 節季の風邪は買ってもひけというけど、最近の風邪は悪質なものが多いから買うのも命がけだ。
  3. 節季の風邪は買ってもひけというくらい、決算期は忙しい。
  4. 少しぼんやりしたいが忙しすぎて許されない。節季の風邪は買ってもひけというように風邪をひきたい。
  5. 節季の風邪は買ってもひけというから、堂々と休むためにわざと薄着で人出の多い所に行く。

【2023年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪