【修身斉家治国平天下】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
修身斉家治国平天下

【読み方】
しゅうしんせいかちこくへいてんか

【意味】
自分の行ないを正しくし、家庭もととのえ、国家を治め、天下を平らかにする。儒教においてもっとも基本的な実践倫理で、男子一生の目的とされたもの。

【語源・由来】
「礼記・大学」より。


「修身斉家治国平天下」の使い方

健太
僕の家のリビングには、修身斉家治国平天下と書かれた書があるんだよ。
ともこ
へえ。男子が守るべき目標のようなものよね。健太くんのお父さんはちゃんと守っている?
健太
うーん。50点という感じかな。
ともこ
うーん。それは微妙ね。

「修身斉家治国平天下」の例文

  1. 不倫疑惑で騒がれている議員は、修身斉家治国平天下を守っていないだめな議員です。
  2. 家族にあんな悲しそうな顔をさせている総理大臣は、修身斉家治国平天下に反しているから、即刻辞めるべきです。
  3. 修身斉家治国平天下、家庭を崩壊させている人が、国民の上に立てるはずがない。
  4. 学校行事に参加したこともなく、修身斉家治国平天下を守っていない人が少子化対策大臣ってどういうことでしょう。
  5. 身斉家治国平天下、家庭不和を解決してから出直して来いと国会議員にいいたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事