【竹屋の火事】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
竹屋の火事

【読み方】
たけやのかじ

【意味】
腹を立てて、ぽんぽんと文句をいったり、ずけずけと言いたい放題言ったりすること。

【語源・由来】
竹屋が火事になると、竹が燃えてぽんぽん音を立ててはじけることから。

【類義語】
・竹藪の火事(たけやぶのかじ)

【対義語】

【英語訳】
He gets angry and began to talk.

「竹屋の火事」の使い方

健太
もう本当に、今度という今度はあいつのこと、絶対に許さないぞ!
ともこ
健太くん、そんなに怒ってどうしたの?
健太
あいつはいつもそうなんだよ。都合の悪いことはごまかそうとして、面倒なことは押しつけてくるんだ!
ともこ
あらあら、竹屋の火事ね。

「竹屋の火事」の例文

  1. 彼女はいつも穏やかに笑っているけれど、一度怒り出してしまうと、言いたい放題が止まらない。まるで竹屋の火事だ。
  2. あの時の母は、まるで竹屋の火事だった。
  3. 父は怒ると手がつけられない。竹屋の火事というようになってしまう。
  4. 竹屋の火事というけれど、文句ばかり言っていては解決にはならないじゃないか。
  5. 他人に対しては、腹を立てても我慢することもできるけれど、夫婦となると我慢なんてできずに、まるで竹屋の火事となる。
「火事」が使われれることわざは、このほかにもいくつかあります。
・金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)お酒を飲んで顔が真っ赤になること。
・地震雷火事親父(じしんかみなりかじおやじ)世の中でこわいとされるものを、調子よく並べた言葉。
・対岸の火事(たいがんのかじ)自分には関係のないことなので、痛くもかゆくもないということ。
いろいろな意味のたとえとして、「火事」が使われているのですね。

まとめ

竹屋の火事というように、怒りの勢いに任せて言いたい放題文句を言うことが、あるのではないでしょうか。
しかし、思い切り文句を言ったあとには、しっかりと話し合いをして解決に努めたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事