【年寄りの冷や水】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

年寄りの冷や水

【読み方】

としよりのひやみず

【意味】

高齢者なのに不相応な、危ないことや差し出た振る舞いをする事。自分の年齢も考えずに無茶をすることは健康に良くないという事。

【語源・由来】

老人が強がって、冷たい水を浴びたり飲んだりして、無理をした言動から。

【類義語】
・
老いの木登り
・ずくなしの冷や水
・年寄りの力自慢
・年寄りの夜歩き

【英語訳】
・An old sack asketh much patching.

「冷や水」は「冷水」と表すこともあります。
また『江戸いろはかるた』の「と」の札に描かれています。

「年寄りの冷や水」の使い方

ともこ
昨日の運動会は、とても楽しかったね。
健太
色んな競技をやって、とても盛り上がってよかったよね。
ともこ
なかでも担任の先生達が走った、「教員リレー」は見物だったわね。
健太
そういえば、1組の先生は足を捻挫したそうだよ。あんなにはりきっていたのに、かわいそうに。まさに年寄りの冷や水ってところだね。

「年寄りの冷や水」の例文

  1. 定年退職後に一念発起してマラソンを始めようとしたら、家族に年寄りの冷や水だと、止められた。
  2. 年寄りの冷や水だといって、おじいさんの指導を一概に無視するのはどうかと思うよ。
  3. 25歳年下の彼女に恋をした彼は、年寄りの冷や水だがいつもめかしこんでいる。
一説によると、ここでいう「冷や水」とは隅田川から汲んできた水の事だそうです。江戸時代当時の飲料水は必ず煮沸してから飲まれていましたが、「河の真ん中の水は毒が無い」という迷信が流行ったばかりに、「冷や水」と称された隅田川の生水が販売されるようになったのです。若い人々は免疫力も高く問題なく飲めたそうですが、老体には応えたようで高齢者でお腹を壊す人が続出した事から、このことわざが広まったといわれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事