【氏より育ち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】
氏より育ち

【読み方】
うじよりそだち

【意味】
産まれた家柄よりも、育った環境やしつけ、教育の方が、人間の形成に大きな影響を与えるという意味です。

【語源・由来】
先祖代々の家柄や家系よりも、成長の過程でどのようなしつけをされたか、教育を受けたか、また本人の努力によって、人間が出来上がっていくという考え方が由来です。
「上方いろはかるた」の中の「う」です。

「氏」とは、家の名称であり、先祖代々引き継がれるもので、家系を表します。

【類義語】
・人は氏より育ち
・生まれつきより育ちが第一
・兎角育ちは恥しきもの
・育ちは育ち

【対義語】
・氏素性とは恥しきもの
・氏素性は争われぬ
・上知と下愚とは移らず
・瓜の蔓にはなすびはならぬ
・蛙の子は蛙

【英語訳】
・It is breeding and not birth that makes a man.
・Nurture is above nature.
・Breeding is more important than birth.
・Birth counts for much, but breeding for more.

【スポンサーリンク】

「氏より育ち」の使い方

健太
昨日僕の行ってるバイト先にね、先祖が有名な戦国武将だって自慢する子が新しくバイトに入ってきたんだ。
ともこ
あらあら、入ってくるなりご先祖自慢?
健太
そうなんだよ。全然仕事しないでしゃべってばっかりでさ。全然ダメだよ。
ともこ
氏より育ちって言うけど、ちゃんと仕事しないんじゃダメよね。ご先祖様も泣くわ。

「氏より育ち」の例文

  1. 彼女は貴族出身というが、年下の人間に対する失礼な態度を見ていると、氏より育ちだなと思った。
  2.  氏より育ちということわざがあるように、貧乏な家に生まれても、親がちゃんとしつけをしていて、本人も努力していれば、優れた人間に成長できるのだよ。
  3.  金持ちの家に生まれても、良い人間に育つとは限らない。昔から言われていることだが、氏より育ちで、その逆もある。
  4.  氏より育ちと言うように、家柄が良くても親がちゃんとしつけをしていないと、大きくなってから恥知らずな人間になってしまう。特に会社勤めをするようになると、周りに迷惑をかけるようになるものだ。
  5.  私の勤めているレストランに、某大企業の社長の息子がやってきた。だけど、大きな声でしゃべりまくり、くちゃくちゃと音を立てながら食事をしている。いったいこの息子とやらはどんな育て方をされたのだろうか。氏より育ちというが、ちゃんとしたしつけをされていないと、こんな大人になるんだなと思った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事