【大は小を兼ねる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
大は小を兼ねる

【読み方】

だいはしょうをかねる

【意味】

大きいものは、小さいものの代わりとして使える。
小さいものよりも、大きいものの方が使い道が広く役に立つという意味。

【語源・由来】

中国・漢代の学者 董仲舒(とうちゅうじょ)によって著作された、政治や道徳に関する論文集『春秋繁露』に記されていた、「夫已有大者、又兼小者、天下能是之、況人乎」(大人=賢者=は小人=愚者=の振る舞いもできる。だから天下で役立つのは賢者だけだ)という記述に基づく。

【類義語】
・大は小を叶える

【対義語】

・材大なれば用を為し難し
・地引き網で白魚はとれない
・杓子は耳掻きにならず
・搗き臼で茶漬け
・長持は弁当箱にならぬ
・長持枕にならず

【英語訳】

・The greater serves for the lesser.
・Store is no sore.
・The greater embraces the less.

大きいものは小さいものの代わりとして使える=小さいものは大きいものの代わりにはならない。という意味でも使う場合があります。
【スポンサーリンク】

「大は小を兼ねる」の使い方

ともこ
今日はピクニック楽しみだね!って・・・とっても大きい鞄だね。
健太
大は小を兼ねるというからね、家の一番大きい鞄を持ってきたよ。
ともこ
でも、一日キャリーバッグを引いて歩くの?
健太
大きすぎたかな?えへへ。

「大は小を兼ねる」の例文

  1. 大は小を兼ねるというから、迷ったけど大きめの鞄を選びました。
  2. どれくらいの量を持ち帰るか分からないから、大は小を兼ねるというし、念のため大きい袋を持っていこう。
  3. 少し大きいが、大は小を兼ねるというし、大きいお皿を買おう。
  4. もし、貰えるのであれば大きいテレビが良いな。大は小を兼ねるというからね。
  5. 大は小を兼ねるよ」と言われ、より大きい車を買う事にしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事