【読書百遍義自ずから見る】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

読書百遍義自ずから見る

【読み方】

どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる

【意味】

どんなに読むのが難しい書物であっても、繰り返し読むうちに自然と意味が分かるようになるという事。 また、単純に多くの本を読めばよいというものではなく、より良い書物を熟読することに意味があるという事。

【語源・由来】

中国の歴史書『三国志・魏志王粛伝注董遇伝』より、「董遇という常に本を持っている勉強熱心な学者がいた。 郡から考廉に推挙され、次第に昇進し、献帝の御前講義を行う仕事をするようになった彼の元で、直々に学びたいと言う人が現れた。董遇は彼に対し、読書百篇その義自ずから見る、と言って断った。」という記述から。

【類義語】
・誦数以て之を貫く
・読書百遍意自ずから通ず(どくしょひゃっぺんいおのずからつうず)

【英語訳】
・Repeated reading makes the meaning clear.

「見る」を「みる」と読むのは誤りなので、注意が必要です。
また、「見る」を「現れる」と表すのは誤りなので、注意が必要です。
【スポンサーリンク】

「読書百遍義自ずから見る」の使い方

健太
随分と分厚い単行本を読んでいるね。それ、何の本?
ともこ
江戸時代の歴史書よ。原文のままで書いてあるから、歴史と古典を同時に学べるわ。
健太
なんとまあ、難しいお勉強をしてらっしゃる。僕には、とても出来ないな。
ともこ
確かに今はとても難しいけれど、読書百遍義自ずから見るというし、根気よく読み続けるわ。

「読書百遍義自ずから見る」の例文

  1. 誰彼かまわず意見を聞くのは良いが、少しは自分で調べたらどうだ。読書百遍義自ずから見るというだろう。
  2. 読書百遍義自ずから見る、というので、意味は分からなくても、読みふける事が大事だ。
  3. 初めは半信半疑だったが、読書百遍義自ずから見るで、3年後にはフランス語を習得した。
  4. 読書百遍義自ずから見るなので、まずは図書館へ向かおう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事