【いらつは恋の癖】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
いらつは恋の癖

【読み方】
いらつはこいのくせ

【意味】
恋をしていると、次に恋人に会うまでの時間が非常に長く感じられて、いらいらしたり、あるいは、恋人に会いたくても思うように会えなかったりなどしてとかくいらいらすることが多いということ。


「いらつは恋の癖」の使い方

ともこ
なんだか先生がいらいらしているわね。
健太
いらつは恋の癖っていうからね。忙しくて恋人に会えないんじゃないの?
ともこ
だからって、生徒に当たらないでほしいわよね。
健太
本当だよね。迷惑な話だよ。

「いらつは恋の癖」の例文

  1. いらつは恋の癖というけれども、普段はクールなともこちゃんも例外ではありません。
  2. ともこちゃんが恋をしてから、いらつは恋の癖というように、般若のような顔をしていることが多くなりました。
  3. いらつは恋の癖というけれども、恋がこんなにイライラして楽しくないものだとは思いませんでした。
  4. 恋人に対してイライラしている姉を見ていると、いらつは恋の癖、恋は面倒くさいと思ってしまいます。
  5. いらつは恋の癖というけれども、ともこちゃんはイライラしすぎだと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事