【一を聞いて十を知る】の意味と使い方の例文 (語源由来・類義語・対義語)

ことわざ
一を聞いて十を知る

読み方
いちをきいてじゅうをしる

意味
一を聞いて十を知るとは、物事の一端を聞いただけで全体を理解するという意味で、非常に賢く理解力があることのたとえです。 もともとは、孔子の「論語」より生まれたことばのようです。

語源・由来
孔子の「論語」記述されている、孔子が子貢に「お前と顔回では、どちらが優れているかな」と尋ねた。子貢が、「どうして、回と比べることができるでしょう。回は、一を聞いて十を知ることができますが、私はようやく二を知る程度です」と答えると、孔子が言った。「そう及ばないね、私もお前同様(回には)及ばないよ」と。いう文章が由来のようです。

類義語
・一を推して万
・一を以て万を知る
・目から鼻へ抜ける

対義語
・一知半解
・一を知りて二を知らず
・十を聞いて一を知る
・其の一を知りて其の二を知らず
・目から耳へ抜ける

英語訳
・A word to a wise man is enough.
・Half a word is enough for a wise man.

『論語・公治長』に、孔子の弟子である子貢が、孔子の門人である顔回を褒めて「回や、一を聞いて以て十を知る。賜や、一を聞いて以て二を知る(顔回は一を聞くと十を理解するが、自分は一を聞いても二を理解する程度である)」と言ったという故事に基づきます。「一を聞いて十を悟る」「一事を聞いて十事を知る」ともいいます。『尾張(大阪)いろはかるた』の一つです。
【スポンサーリンク】

「一を聞いて十を知る」の使い方

ともこ
はーあの子なんて頭いいの。まるで一を聞いて十を知るだわ。
健太
またテストであの子に負けたの?。
ともこ
うん。今回こそと思ったんだけど、負けちゃったわ…。
健太
すごいな~僕も彼みたいに頭良かったらなー

「一を聞いて十を知る」の例文

  1. 「彼は幼い頃からとても聡明で、一を聞いて十を知るような子だった」
  2. 一を聞いて十を知る理解力が欲しい
  3. あの人は、仕事に対して一を聞いて十を知るような行動をとった。
  4. 彼は頭の回転が良く「一を聞いて十を知る」ような人です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事