【喧嘩両成敗】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
喧嘩両成敗

【読み方】
けんかりょうせいばい

【意味】
喧嘩をした者は、非がどちらにあったとしても、両方同じように処罰するというたとえ。

【語源・由来】
「可笑記(かしょうき)如儡子(にょらいし)」より。
「織田信長公、羽柴秀吉公のときよりこのかた、いづれの御家にもけんか両せいばいと定めおかるる」とある。

戦国時代以降の慣習として、理非を問わずに双方を罰していた。
如儡子は、機械的に双方を罰するということを否定していたとされる。

「成敗(せいばい)」とは、処罰するということ。
【類義語】

【対義語】

【英語訳】
It takes two to quarrel.
In a quarrel both parties are to blame.

「喧嘩両成敗」の使い方

健太
ぼくは絶対に悪くないのに、どうして先生に怒られなきゃならないんだ。
ともこ
彼も同じことを言っていたみたいよ。
健太
だいたい、あいつがあんなことをするから悪いんだ。
ともこ
健太くん、喧嘩両成敗というでしょう。

「喧嘩両成敗」の例文

  1. どちらが先に手を出したかは知らないけれど、これはもう喧嘩両成敗だよ。
  2. 喧嘩両成敗というように、二人とも次の試合には出さないと決めた。
  3. 兄が先に意地の悪いことを言ったのに、母は喧嘩両成敗だと言ってぼくと兄にげんこつをした。
  4. 先にファウルをしたのは相手チームの選手なのに、反撃したぼくまで退場になってしまった。喧嘩両成敗と言われたけれど納得できない。
それぞれに処罰されることを意味しているので、両方が許される場合に使うのは誤りなので注意が必要。
「喧嘩両成敗なのだから、どちらも無罪ということにしよう。」と使うのは誤り。

まとめ

喧嘩になるということは、お互いに非があるから起こるのではないでしょうか。
喧嘩両成敗というように、両方を同じように罰するということも、時には必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事