【恋と願いはよくせよ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
恋と願いはよくせよ

【読み方】
こいとねがいはよくせよ

【意味】
恋をするならば大胆に行い、望みを抱くならば大きく抱く必要があるということ。

【スポンサーリンク】

「恋と願いはよくせよ」の使い方

ともこ
健太くん。思いきったことをしたわね。みんなの前で告白をしたんでしょう?
健太
恋と願いはよくせよってね。大胆にやってみました。
ともこ
それで?返事は?
健太
もちろんOKさ!アイドルみたいなかわいい彼女が欲しいという大きな野望がかなったんだよ。

「恋と願いはよくせよ」の例文

  1. 恋と願いはよくせよというから、常に恋は大胆に、胸には大きな野望を抱いて生きてきました。
  2. 告白する前から、ともこちゃんのことを高嶺の花とあきらめるなよ、恋と願いはよくせよっていうだろう。
  3. 恋と願いはよくせよというように、攻めの姿勢で恋をすることで人生はキラキラ輝き始めることでしょう。
  4. 振られたら次の恋へいこうというくらいの気持ちで、恋と願いはよくせよ、思い切った行動で人生を楽しもう。
  5. 若いころは恋と願いはよくせよと思い、大きな気持ちで大胆なことをしたものですが、寄る年波には勝てませんね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事