【猫の首に鈴を付ける】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
猫の首に鈴を付ける

「猫の首に鈴」ともいう。

【読み方】
ねこのくびにすずをつける

【意味】
猫に仲間を捕られる鼠たちが集まって相談し、猫の首に鈴をつけることにしたが、実行できる鼠はいなかったという西洋の寓話から、いざ実行となると、引き受け手のない至難なことのたとえ。

【語源・由来】
「イソップ物語」の寓話より。

【類義語】
・言うは行うより易し
・言うは易く行うは難し
・机上の空論

【英語訳】
Who is to bell the cat?

【スポンサーリンク】

「猫の首に鈴を付ける」の使い方

ともこ
誰かが、あの体罰が大好きな体育の軍曹先生に進言しないと、いつかけが人が出るわ。
健太
それはわかるんけど、猫の首に鈴を付けるように、だれが、進言しに行くの?僕だっていやだよ。
ともこ
そうなのよ。みんな嫌がって、決まらないから困っているのよ。
健太
もう、一層のこと教育委員会に直訴した方が早いし安全じゃないかな?

「猫の首に鈴を付ける」の例文

  1. 猫の首に鈴を付けるというように、だれがあのワンマン社長を辞めさせるかで揉めたが、結局、社長の実の娘が手を挙げて、皆を驚かせた。
  2. 明日のマラソン大会が中止になるために、校庭に穴を掘ればいいんじゃないかという話になったが、猫の首に鈴を付けるように、だれがいつ穴を掘るのかという点で揉めた。
  3. 猫の首に鈴を付けるという言葉のように、明日のテストを無くすには、テスト用紙を焼却すればいいという話になったが、だれがテスト用紙を持ち出すのか決まらなかった。
  4. 猫の首に鈴を付けるというように、社長にかつら使用疑惑がでているのだが、だれが確認しに行くかで揉めて、じゃんけんで決めることになり、みんな必死で勝とうと頑張っている。
  5. 猫の首に鈴を付けるという言葉のように、だれが、彼のズボンのファスナーが開いていることを彼に教えに行くかで喧嘩になりそうになった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事