【重き馬荷に上荷打つ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
重き馬荷に上荷打つ

【読み方】
おもきうまににうわにうつ

【意味】
大きな負担に、さらに負担が重なるというたとえ。

【語源・由来】
「万葉集(まんようしゅう)」山神憶良
「痛き瘡には 辛塩を 灌ぐちふ如く ますますも 重き馬荷に 表荷打つと いふことの如」とあることに基づく。

【類義語】
・弱り目に祟り目(よわりめにたたりめ)
・落ち目に祟り目(おちめにたたりめ)
・泣きっ面に蜂(なきっつらにはち)
・踏んだり蹴ったり(ふんだりけったり)
・痛い上の針(いたいうえのはり)
・痛む上に塩を塗る(いたむうえにしおをぬる)
・こけた上を踏まれる(こけたうえをふまれる)

【英語訳】
Misfortunes seldom come singly.
It is a good ill that comes alone.

【スポンサーリンク】

「重き馬荷に上荷打つ」の使い方

健太
ともこちゃんは、宿題はもう終わった?
ともこ
とても量が多かったから、いつもより時間がかかったけど終わったわ。
健太
量が多いから少しずつ進めていたのに、また今日宿題が出てしまったんだ。
ともこ
重き馬荷に上荷打つとなってしまったのね。

「重き馬荷に上荷打つ」の例文

  1. 車の修理代の支払いが、やっと終わるところだったのに、今度は別のところが故障するなんて、重き馬荷に上荷打つことになってしまった。
  2. 父の収入が減ったが、兄の進学が決まり、家計が重き馬荷に上荷打つことにならないか心配だ。
  3. 2つの仕事を掛け持ちしているが、もうひとつ仕事が増えることになってしまった。重き馬荷に上荷打つということか。

まとめ

大きな負担を抱えているだけでも、とても大変なことではないでしょうか。
しかし、重き馬荷に上荷打つというように、さらに負担が重なってしまうこともあるかもしれません。
仲間や家族と力を合わせたり、解決のための方法を見つけたりして、乗り越えることができると良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事