【思い立ったが吉日】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】
思い立ったが吉日

【読み方】
おもいたったがきちじつ

【意味】
なにかをしようと思いついたら、すぐに実行したほうがいいというたとえ。

【語源・由来】
「吉日(きちじつ)」とは、暦で縁起がいいとされている日のこと。
暦に関係なく、思いついたその日が縁起がよいと考えるということ。

【類義語】
・思い立つ日が吉日(おもいたつひがきちじつ)
・思い立つ日を吉日
・善は急げ(ぜんはいそげ)
・今日できることを明日まで延ばすな
・善は急げ悪は延べよ(ぜんはいそげあくはのべよ)

【対義語】
・物には時節(ものにはじせつ)

【英語訳】
There is no time like the present.
Never put off till tomorrow what you can do today.
Procrastination is the thief of time.

【スポンサーリンク】

「思い立ったが吉日」の使い方

健太
やあ、ともこちゃん。
ともこ
あら、健太くん。なにをそんなに急いでいるの?
健太
とてもいいアイディアが浮かんだから、すぐに取りかかろうと思うんだ。
ともこ
思い立ったが吉日というものね。

「思い立ったが吉日」の例文

  1. 思い立ったが吉日というから、すぐに出発する準備を始めた。
  2. 思い立ったが吉日なのだから、これから申し込みに行こう。
  3. とてもいい案が浮かんだから、さっそく制作に取りかかろう。思い立ったが吉日だからね。
  4. 思い立ったが吉日というのだから、明日まで待たずにさっそく今日から始めよう。
  5. 焦らなくてもいいだろうと言われても、思い立ったが吉日だ。

まとめ

物事を始めるときには、しっかり準備を整えてから取りかかろうと思うのではないでしょうか。
しかし、思い立ったが吉日というように、すぐに実行することで成功できる場合もあるのではないでしょうか。
さっそく今から、取りかかってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事