【流星多ければ日照り続く】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
流星多ければ日照り続く

【読み方】
りゅうせいおおければひでりつづく

【意味】
流星が多く見られると日照りが続く。

【語源・由来】
日照りが続くと空気が澄んでくるので、流れ星を見る機会が多くなる。

【スポンサーリンク】

「流星多ければ日照り続く」の使い方

健太
今日は流星が多いね。
ともこ
流星多ければ日照り続くというわよ。
健太
流星に日照りにならないよう願わないといけないね。
ともこ
日照りは勘弁してほしいわよね。

「流星多ければ日照り続く」の例文

  1. 流星多ければ日照り続くというが、農作物が心配だ。
  2. 流星多ければ日照り続くといわれるが、水不足にならないだろうか。
  3. 流星多ければ日照り続くというから、流れ星を見たとはしゃぐ気になれない。
  4. 流星多ければ日照り続くというから節水を始めよう。
  5. 流星多ければ日照り続くというので、雨乞いの儀式をしなければいけないかもしれない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪