【良薬は口に苦し】の意味と使い方に例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
良薬は口に苦し

【読み方】
りょうやくはくちににがし

【意味】
良い薬は、苦くて飲みにくい。
人の忠言は聞きずらいものだが、ためになる。という事のたとえ。

そのときは辛くとも、後になってためになるような忠言や叱責などを言うのに使う。

【語源・由来】
『史記(司馬遷による、中国の歴史書)』「留侯世家」より。
都を占領してすっかり気の緩んだ劉邦(りゅうほう)に対して、軍師の張良(ちょうりょう)が、人の戒めを聞くよう忠告した時の言葉。

【類義語】
・忠言耳に逆らう

【英語訳】
Good medicine is bitter to match.
The most helpful advice may be difficult to listen to.

【スポンサーリンク】

「良薬は口に苦し」の使い方

ともこ
健太くん、本が散らかってるから、ちゃんと片付けて行きなさい!
健太
ともこちゃんはいつも口うるさいなぁ。
ともこ
良薬は口に苦し! 健太くんは最近、掃除の時間に先生に褒められるようになったんでしょう?
健太
そっか、じゃあ今日もしっかり片付けてから遊びに行こう。

「良薬は口に苦し」の例文

  1. 彼の言葉は厳しいけれど、良薬は口に苦しで、きっと後で役に立つはずです。
  2. 本当は先生の顔を見ただけで逃げたくなるけど、良薬は口苦しだから、今は黙って話を聞こうと思う。
  3. 私は彼を応援しているつもりなのに、彼は良薬は口に苦しということが、まだ分かっていないんだわ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事