【離別の後の悋気】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
離別の後の悋気

【読み方】
りべつののちのりんき

【意味】
離婚した夫婦のどちらかが、あとから嫉妬することをいった言葉。未練の深いことにたとえる。

【スポンサーリンク】

「離別の後の悋気」の使い方

健太
ともこちゃん。新しい彼氏ができたんでしょう?かっこいいって評判だよ。
ともこ
そうなの。素敵な人よ。健太くんにもいつか紹介するわね。
健太
元カレが離別の後の悋気というように、嫉妬の炎を燃え上がらせているそうだよ。気を付けてね。
ともこ
いやだわー。別れてしまってもう赤の他人なのに・・・。新しい恋の邪魔だけはしないでほしいわ。

「離別の後の悋気」の例文

  1. もう別れたというのに、離別の後の悋気って迷惑な話だな。
  2. 離別の後の悋気が原因でストーカーをするなんて困った話です。
  3. 元カレの離別の後の悋気のせいで、新しい恋人が彼を怖がって逃げてしまい困っています。
  4. 別れた彼女の後をつけるなんて、離別の後の悋気だし、もしかしたら犯罪行為になるんじゃないかな。
  5. 健太くんは、別れた彼女が見知らぬ男性と一緒に歩いているのを見かけ、一人で怒っていたが、まさに離別の後の悋気、みっともないよね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事