【梁山泊】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
梁山泊

【読み方】
りょうざんぱく

【意味】
豪傑や英雄を気取った野心家などが集まる場所のこと。

【語源・由来】
もとは、中国山東省西部の梁山のふもとにあった沼の名前のこと。

「水滸伝(すいこでん)」は、十二世紀初めに宋江らの盗賊が、梁山泊に立てこもって反乱を起こしたことをもとにした小説。
百八人の豪傑が活躍する舞台が梁山泊だったことから、豪傑や野心家の集まる場所として言われるようになった。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Gathering place of ambitious men.

「梁山泊」の使い方

健太
今度の合宿のことは聞いたかい?なんだかすごい人たちが集まるみたいなんだ。
ともこ
去年の優勝校の監督と、うちのチームの監督が知り合いで、一緒に合宿をすることになったと聞いたわ。
健太
上手い選手のプレーを見るのは、とても勉強になるけれど、練習についていける気がしないよ。
ともこ
梁山泊となりそうだけれど、確かに健太くんには場違いかもしれないわね。

「梁山泊」の例文

  1. うちの会社はいつから梁山泊になったんだ。このメンバーをまとめるのは、簡単なことではなさそうだ。
  2. 隣のチームは、あちこちから引き抜いた猛者が集まって、梁山泊となっている。
  3. 申し合わせたわけではないが、いつの間にかたくさんの人が集まって、梁山泊のようになってしまった。
  4. なにか大きなプロジェクトを始めようと、いろいろな人に声をかけていたら、梁山泊というような集まりになった。
  5. これからは、野心のある人が成功すると思うよ。だから、ぼくたちはここを梁山泊として集まったんだ。

まとめ

同じ目標を持つ人たちや、考えが似ている人たちは、引き寄せられるような縁で集まるようなことが、あるのではないでしょうか。
梁山泊に集まった豪傑や英雄が、本当に世の中の不正を正してくれるといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事