【スズメが朝からさえずるのは晴れ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
スズメが朝からさえずるのは晴れ

【読み方】
すずめがあさからさえずるのははれ

【意味】
スズメがさえずる朝は晴れることが多い。

【語源・由来】
スズメは晴れの日は、日の出の太陽光を浴び、曇りや雨の日よりも盛んに鳴くことから。

「スズメが朝からさえずるのは晴れ」の使い方

健太
今日はスズメの大合唱で目が覚めたよ。
ともこ
ズメが朝からさえずるのは晴れっていうわよね。
健太
その通りになったね。
ともこ
晴れた日に朝寝坊すると損した気分になるから、ちょうど良かったんじゃないの。

「スズメが朝からさえずるのは晴れ」の例文

  1. スズメが朝からさえずるのは晴れというので、今日は晴れるだろう。
  2. スズメが朝からさえずるのは晴れというが、スズメも晴れが嬉しいのだろう、さかんにさえずっていた。
  3. スズメが朝からさえずるのは晴れというけれども、マラソン大会だから外れて雨が降って欲しい。
  4. スズメが朝からさえずるのは晴れという、今日は朝から大掃除をしよう。
  5. スズメが朝からさえずるのは晴れといわれるので、久しぶりに傘はいらない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪