【焼き餅を焼く】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
焼き餅を焼く

【読み方】
やきもちをやく

【意味】
嫉妬する。嫉妬 (しっと) するという意味の「妬く」に「焼く」を掛けて、餅を添えていった言葉。

【スポンサーリンク】

「焼き餅を焼く」の使い方

健太
もう、ともこちゃん焼き餅を焼かないでよ。あれは、彼女じゃなくて、従妹だよ。
ともこ
焼き餅なんか焼いていないわ。大体、私が健太くんに焼き餅を焼く理由が無いわ。
健太
じゃあ、なんでぷりぷり怒っているの?
ともこ
健太くんは忘れているようだけど、あの日、健太くんは、私とも約束をしていて、その約束を忘れられていたからよ!

「焼き餅を焼く」の例文

  1. 私の彼氏は、何かにつけ焼き餅を焼くので、最近うんざりして別れようかと思っています。
  2. 兄と弟の後に初めての女の子が生まれ、その妹にばかり家族の意識が向くので、兄弟は焼き餅を焼いてすねています。
  3. 孫が遊びに来て、おばあちゃんは孫ばかりかわいがるので、飼い猫のミイ子は焼き餅を焼いて出て行ってしまいました。
  4. 焼き餅を焼いているの?なんて彼女に聞いたら、自意識過剰な男になってしまう。
  5. 彼は、私が男の子と遊びに行っても、全く焼き餅を焼かないけれども、私に興味がないのでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事