【柔能く剛を制す】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
柔能く剛を制す

【読み方】
じゅうよくごうをせいす

【意味】
柔軟なものが、そのしなやかさでかたいものの矛先をそらし、結局は勝つことになるというたとえ。
ときには、弱いものが強いものを倒すことがあるというたとえ。

【語源・由来】
古代中国の兵法書「三略」に記載されている。
「柔能く剛を制し、弱能く強を制す」とある。
「軍しん」という、戦についての予言書から引用された句で、「三略」はそれに続けて、
「柔は徳で、剛は賊である。弱は人が助け、強は人が攻撃するものである」と説いている。

【類義語】
・柳に雪折れなし

【対義語】
・堅い木は折れる

【英語訳】
Soft words win hard hearts.

「能」は、動詞の前に置いて能力の点で可能である意を表す助字。
「よく」を「良く」と書くのは避けたほうがいい。

「柔能く剛を制す」の使い方

健太
ともこちゃん、相撲大会で優勝したんだって?
ともこ
そうよ。
健太
ともこちゃんは小柄なのに、それほど強いとは思っていなかったよ!
ともこ
柔能く剛を制すよ。

「柔能く剛を制す」の例文

  1. 柔能く剛を制すというように、今回は強硬な手段は取らないほうがいいかもしれない。
  2. まさに柔能く剛を制すだね。あんなに小さな体で、身体の大きな選手に相撲で勝つなんて。
  3. 相手が大人しそうだからといって、侮ってはいけない。柔能く剛を制すということもある。
  4. 柔能く剛を制すとは、日本の柔道の極意だが、先日の試合は力負けをしてしまって残念だ。
  5. 小さいからといって、弱いと決めつけてかかったので、柔能く剛を制すで負けてしまった。
相撲や柔道などで、力と技を対比させて使うこともできる。
「柔能く剛を制すか、剛よく柔を制するか」

まとめ

柔道や相撲といった、体と体がぶつかり合うような試合では、体の大きな選手のほうが有利だと思うのではないでしょうか。
体が大きいことももちろん武器にはなりますが、それだけでなくしなやかさや柔軟さを鍛えることで、小さな体でも勝つことができるのではないでしょうか。
弱いと思ってあきらめずに、強いものにも挑戦したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事