【夜上がり天気雨近し】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
夜上がり天気雨近し

【読み方】
よあがりてんきあめちかし

【意味】
夜のうちに雨が上がっても、その晴れは長く続かない。

【語源・由来】
夜にあがった雨はまた降りだすことが多い。

【類義語】
・夜上がりの天気は長持ちせぬ

【スポンサーリンク】

「夜上がり天気雨近し」の使い方

健太
雨が上がったよ。明日は運動会が開催されそうだね。
ともこ
夜上がり天気雨近しというわよ。また降り始めるかも。
健太
ええーっ。明日雨だと中止になるんだよ。
ともこ
てるてるぼうずを作って神頼みするしかないわね。

「夜上がり天気雨近し」の例文

  1. 夜上がり天気雨近というから、一時的にやんだだけかもしれない。
  2. 夜上がり天気雨近しというが、目が覚めたら雨が降り始めていた。
  3. 夜上がり天気雨近しというけれども、その言葉が外れて、カーテンを開けたらまぶしいくらいに晴れていてうれしかった。
  4. 夜上がり天気雨近しといわれるので、近くのスーパーに行くだけだが傘は持って出た方が良さそうだ。
  5. 夜上がり天気雨近しというので、雨はしばらく続くと思った方が良さそうだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪